« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

行動が続けられない人

「感情を味方につける」

 行動が続けられない人は、 多くの場合、行動を「意思」によって続けようと思っています。 しかし、実はこれは大きなトラップなのです。

 アンソニー・ロビンズばいいます。

 「人の意志力というのはとても弱い。  人は感情によって動かされてる生き物なのだ。」

 つまり、何かを継続させようと思ったら、 「意思」によって行うのではなく、 自分の「感情」によって行うことが大事なのです。


 つまり、何かを続けられる人は、 「続けられるような意思」を持っているのではなく、 「続けられるような感情」を持っている人なのです。

 それをある人は「わくわく」と言い、ある人は「情熱」と言い、 ある人は「使命感」というのです。

 つまり、大切なことは「どんな感情なら継続するのか?」を知り、 その「感情をデザインする」ことなのです。

2012年5月 8日 (火)

ネガティブな思いや不安を解消するために

■ ネガティブは成功の種

ビジネスメンバーの皆さんは ご存知でしょうか?

昔から、成功哲学の本なんかでは、ビジネスや人生で成功するには、ポジティブシンキングが大事だと言われます。わたしもその通りだと思います。

ポジティブなイメージを持つことは、とても大事なことだと思います。

でも、『自分はネガティブだからな~』とか、『ポジティブに考えようとするけど、
すぐにネガティブな考えが・・・』なんてことないですか?

そして、その繰り返しで『なんて、自分はだめなんだ』みたいな感じで、自分を責めて、ますます落ち込んだりしている人ももしかしたら居るかもしれません。

でも、もし、今、あなたが超ネガティブ思考だと自分の事を思っているとしたら、そんなに落ち込むことないと思いますよ。

なぜって?それは、つまり、今のあなたが超ネガティブだってことは、それだけポジティブになれる可能性を秘めてるってことでしょ?

それに、ネガティブな思いは、あなたにとって、どこを改善したらいいのか、そのポイントを教えてくれるサインにもなります。

実は、世の中にはいろんなタイプの人がいてポジティブシンキングで、楽しく、ワクワクだけでいける人も居ます。

ですが、私もそうなのですが、ポジティブな結果をイメージして実際に行動しようとすると、いろんな抜けとか、アラとか、そういう不安事項が見えてしまう人も居るわけです。
そして、ポジティブシンキングでイケイケの人というのは、実は、ネガティブな人に見えているものが見えていない事もあるのです。

ネガティブなものが見えるというのも、ある意味才能なのです。

悪いことではないんです。

ネガティブな人から見たら、いつもポジティブな人はうらやましいと感じるかもしれませんが、それは単なる個性の違いでしかないのです。

そして、その才能を活かすために重要なのは、ネガティブな考えや思いがわいてきたとしても、感情的に反応したり、振り回されたりしないことです。

ネガティブな考えや、思いが沸いてきた自分を、まず、ありのまま受け入れてください。
自分の感情と向き合い、そのネガティブの基を探って見てください。

そして、そのネガティブな思いや不安を解消するために何が必要なのか?何をしたらいいのか?

もし想像したようなネガティブな状況になったらどうするか?そうなった時のためにどんな備えができるか?

冷静に考え、頭の中でシミュレーションしてみてください。

そうするうちに、不安やネガティブな感情は消えるし、シミュレーションが出来ている
わけですから、さまざまな状況に即座に対応でき、周りの人から”スゴイ”と思われてしまうかもしれません。

あなたは、ネガティブをいっぱい持っているのではなく、成長し、成功するための可能性の種をいっぱい持っているのです。

そして、自分の性格や気質を熟知し、そのネガティブすら自分の武器に変える事ができるのです。

だから、もし、あなたが自分の事をネガティブだと感じているなら、そのネガティブさは、成功の種なのです。

あなたの人生がさらに素晴らしいものになる事を願って。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ

リンク集